• トップへ戻る
  • 提出書類ダウンロード
  • Q&A
  • 書類提出・お問合せ先
  • 補助金交付申請書類FCA必着日 確認早見表&検索
シート
  • 補助金制度の概要
  • スケジュール/応募要件
  • 補助対象者/手続代行者
  • 補助対象(指定機器)システム
  • 補助対象経費・範囲
  • 補助金額
  • 補助金の申請方法
  • 手続の流れ
  • 申請書類の記入方法/提出方法
  • 補助金申込・交付申請
  • 補助金申込受理・交付決定後の変更等
  • 補助事業完了報告
  • 補助事業完了報告書類FCA必着日 早見表&検索シート
  • 補助対象システムの管理等
  • 補助対象システムの管理等/処分の制限/経理書類等の保管
  • 補助金の額の確定後の不具合によるシステム交換
  • 補助対象システムの処分等(過去に補助金を受けた皆様へ)
  • 燃料電池システムについて
  • エネファームについて
  • オリジナルCM
  • 燃料電池紹介
  • J-クレジット制度等の活用の要件化について
  • 申請書類のご請求
  • 募集説明会
  • 集計データ
  • 自治体助成金一覧
  • 補助対象システム機器指定の申請
申請書類の記入方法/提出方法
申請書類の記入方法
(1) 提出する補助金申請書類は、必ずFCAが指定する平成28年度補助金の様式等を使用してください。
(2) 補助金申込・交付申請書(【様式第1】および【様式第2】)は記入ミスをなくすために、可能な限りホームページ上のエクセル版にパソコンで入力、印刷してください。
(3) QRコードが印刷された補助金申込・交付申請書で申込いただくと、FCAでの入力作業・審査が迅速化され、従来よりも早く審査結果(申込受理・交付決定通知等)を受け取ることができますので、是非ともご利用ください。
(4) 補助金申請書類は必ず黒ボールペンで記入してください。(鉛筆書き・消えるボールペン等は不可
(5) 補助金申請書類の記入を誤り、訂正する時は、二重線の上に申請書類に捺印した印で訂正印を押してください。(修正液等による訂正は不可)
訂正に使用する印についての詳細は、記入例等をご参照ください。
(6) 補助金申請書類の右上の日付は、記入日をご記入ください。ただし、申請書類はFCAに到着した日をもって受付日とします。
(7) 補助金申請書類は、必ず片面印刷で作成してください。(両面印刷は不可。)
(8) 補助金申請書類は必ずコピーを取り、申請者および手続代行者が保管してください。
訂正後に提出される申請書類についても、全て必ずコピーを取りお手元に保管してください。
書類の保管についてはこちらから
(9) 申請者名などに旧字体が含まれる場合、システム都合により、協会からの通知には新字体で表記されていることがあります。この場合、同一文字として取り扱っていますので、訂正する必要はありません。

申請書類の記入方法
(1) 補助金申請書類は、配達の記録が確認出来るように、必ず書留郵便(簡易書留・レターパックプラスは可)等での送付にて提出してください。
(郵便事故等による書類の紛失に対し、FCAは責任を負いかねます。)
(2) 補助金申請書類および添付書類は、折らずに提出してください。
(3) 補助金申請書類はできる限り個別に送付してください。
万一、複数案件および様式の異なる複数の書類を同封する場合は、個々の書類をクリアファイルに入れるなど混在しないようにしてください。
(4) 補助金申請書類は、受付期間外にFCAに到着したものは受付しません。
(5) 着払いや料金不足での提出も受付しません。
(6) 補助金申請書類の事前確認等、FAXでの受付はしておりません。

提出いただいた補助金申請書類等は、原則返却できませんのでご了承ください。
(必ずコピーを取り保管して下さい。)

補助金申請書類等の持参による受付は原則行いません。
必ず補助金申請書類は配達の記録が確認できる上記の方法で送付してください。
送付の際は、あて先に「補助金事業センター」と記入し、送付する補助金書類名または様式番号を封筒に朱書きで記載してください。
≪送付先≫
一般社団法人燃料電池普及促進協会 補助金事業センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-11-15 SVAX TTビル7階
電話:03-5472-1190
お問合せ時間: 月曜日〜金曜日(祝日、12/17、12/28〜1/4を除く)
10:00〜12:00、13:00〜17:00
不備書類の扱い
(1) FCAは、申請書類等に不備があった場合、申請者または手続代行者に対し、書類の不備について確認し、一定期間に訂正するよう指示を行います。
(2) 申請者または手続代行者が(1)の指示に従わない場合、FCAは申請者に対し、補助金の受給資格を失効させることがあります。
(3) 申請書類等は、不備があった場合でも原則返却しませんので、不備の訂正はお手元に保管されているコピーを使用して行ってください。
(4) 訂正後提出される申請書類等についても全て必ずコピーを取りお手元に保管してください。
ホームページのご利用について  サイトマップ